News / Press Releases


TOP > News >

2015/07/03

2015年7月31日(金)に日本5号店をオープン

 

L.A. Style株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:佐瀬守男)は、米国カリフォルニア州ロサンゼルスに 本拠を置く米国最古のスペシャルティコーヒーチェーン「The Coffee Bean & Tea Leaf ®」(以下:コーヒービーン&ティーリーフ)の国内5号店目となる店舗を、2015年7月31日(金)埼玉県越谷市の「イオンレイクタウンmori」内にオープンいたします。
また当店舗は、株式会社アダストリア(本部:東京都千代田区、代表取締役 会長兼最高経営責任者(CEO):福田三千男)が展開する30代~40代の大人の男女に向けたライフスタイル提案型ブランドBAYFLOW(ベイフロー)とコラボレーションを実施いたします。

イオンレイクタウンmori 店舗イメージ

店舗イメージ

コーヒービーン&ティーリーフは、“お客様が探し求めていた味を提供すること”を理念として1963年に米国カリフォルニア州ロサンゼルスで創業。コーヒー豆の産地とその特徴を活かす焙煎にこだわり、ティーも同様に産地からこだわった豊富なメニューを取り揃え、ロサンゼルスを代表するスペシャルティコーヒーショップとして、ハリウッドセレブをはじめ多くのファンに愛されてまいりました。コーヒービーン&ティーリーフは、直接契約した農園から調達する、シングルオリジンの最高級アラビカ種100%のコーヒー豆を、熟練の焙煎工がそれぞれのコーヒー豆にあわせて自社焙煎しています。また、ティーも直接契約した農園から、上から2枚のみの“トップ2リーフ”を手摘みした高品質茶葉を調達し、自社でブレンドしています。

「イオンレイクタウン」は2008年10月、「イオンレイクタウンkaze」と「イオンレイクタウンmori」の2館からなるショッピングモールとしてオープン、2011年4月には「レイクタウンアウトレット」も加わり、現在は専門店数が約710店舗、年間5,000万人以上が来店する日本最大級のショッピングモールです。2014年秋から2015年秋にかけての大規模リニューアルにより“シゼンに心地イイ、ワタシに心地イイ”をコンセプトに、商品やサービスを通じて新しいライフスタイルを提案するイオンレイクタウンへと生まれ変わる計画です。コーヒービーン&ティーリーフは5月30日「イオンレイクタウンkaze」2Fに国内2号店をオープン。そしてこの度7月31日に「イオンレイクタウンmori」1F ベイフローイオンレイクタウン店の隣に国内5号店となる店舗をオープンいたします。

 

コーヒービーン&ティーリーフはロサンゼルス発のアメリカ最古のコーヒーチェーンであり、ベイフローはアメリカの西海岸のテイストと取り入れつつ、トレンドとスタイリッシュなライフスタイルを提案するブランドです。この度、両ブランドが持つLAライフスタイルやブランドイメージなどが一致したことから、当店舗ではコラボレーションをする運びとなりました。両店舗では、それぞれのディスプレイに互いの商品を使用するほか、オープニング期間中、コーヒービーン&ティーリーフ イオンレイクタウンmori店のユニフォームをベイフローがプロデュースする予定です。

コーヒービーン&ティーリーフは、今後も、最高級のコーヒー&ティーを提供するグローバルブランドを目指してまいります。

国内5号店概要

  • 店名:The Coffee Bean & Tea Leaf ® (コーヒービーン&ティーリーフ) イオンレイクタウンmori店
  • オープン日:2015年7月31日(金)
  • 所在地:埼玉県越谷市レイクタウン3-1-1
  • 営業時間:9:00~22:00
  • 店休日:年中無休
  • 敷地面積:約40坪
  • 席数:約50席(全面禁煙)予定

BAYFLOW(ベイフロー)について

BAYFLOWは、自然を愛し、ファッションを愛する30代~40代の大人の男女に向けた「上質なデイリーカジュアルウェア&生活雑貨」を展開するブランドです。昨年の3月、ブランドデビューを果し、現在全国で22店舗(WEBストア含む)を展開しています。きもちのいい自然の風を感じ、健康的でスタイリッシュなライフスタイル。それが、BAYFLOWが提案するシアワセのかたちです。

BAYFLOW