News / Press Releases


TOP > News >

2015/04/22

2015年5月30日(土)「イオンレイクタウンkaze」内に日本2号店をオープン

L.A. Style株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:佐瀬守男)は、米国カリフォルニア州ロサンゼルスに本拠を置く米国最古のスペシャルティコーヒーチェーン「The Coffee Bean & Tea Leaf ®」(以下:コーヒービーン&ティーリーフ)の日本国内における2号店を2015年5月30日(土)9:00、埼玉県越谷市の「イオンレイクタウンkaze」内にオープンいたします。

店舗イメージ

商品イメージ

コーヒービーン&ティーリーフは、“お客様が探し求めていた味を提供すること”を理念として1963年に米国  カリフォルニア州ロサンゼルスで創業。コーヒー豆の産地とその特徴を活かす焙煎にこだわり、ティーも同様に 産地からこだわった豊富なメニューを取り揃え、ロサンゼルスを代表するスペシャルティコーヒーショップとして、ハリウッドセレブをはじめ多くのファンに愛されてまいりました。コーヒービーン&ティーリーフは、直接契約した農園から調達する、主にシングルオリジンの最高級アラビカ種100%のコーヒー豆を、熟練の焙煎工がそれぞれのコーヒー豆にあわせて自社焙煎しています。また、ティーも直接契約した農園から、上から2枚のみの“トップ2リーフ”を手摘みした高品質茶葉を調達し、自社でブレンドしています。

「イオンレイクタウン」は2008年10月、「イオンレイクタウンkaze」と「イオンレイクタウンmori」の2館  からなるショッピングモールとしてオープン、2011年4月には「レイクタウンアウトレット」も加わり、現在は専門店数が約710店舗、年間5,000万人以上が来店する日本最大級のショッピングモールです。2014年秋から 2015年秋にかけての大規模リニューアルにより“シゼンに心地イイ、ワタシに心地イイ”をコンセプトに、商品やサービスを通じて新しいライフスタイルを提案するイオンレイクタウンへと生まれ変わる計画です。コーヒービーン&ティーリーフはその「イオンレイクタウンkaze」2Fにオープンいたします。

また、日本オリジナルドリンクとして、1号店同様2号店でも、日本のお客様の味覚に合わせて開発した『抹茶カプチーノ』を発売いたします。『カプチーノ』はミルクフォームのきめ細やかさが特長で、特にお楽しみいただきたい人気メニューのひとつです。フードもすべて日本で開発したオリジナル商品をご用意し、より多くのお客様にお楽しみいただきたいと考えております。

コーヒービーン&ティーリーフは、今後も、最高級のコーヒー&ティーを提供するグローバルブランドを目指してまいります。

日本2号店概要

  • 店名:The Coffee Bean & Tea Leaf ® (コーヒービーン&ティーリーフ) イオンレイクタウンkaze店
  • オープン日:2015年5月30日(土)
  • 所在地:埼玉県越谷市レイクタウン四丁目2番2号 イオンレイクタウンkaze 2F
  • 営業時間:9:00~22:00
  • 店休日:年中無休
  • 敷地面積:171.51㎡(約51.88坪)
  • 席数:約55席(全面禁煙)予定

展開メニュー


本日のコーヒー

カプチーノ

【日本オリジナル】抹茶カプチーノ

アールグレイ

チャイティーラテ

モカアイスブレンディッド®

カリフォルニアサンライズアイスブレンディッド®

【日本オリジナル】キッシュ


  • コーヒー(シングルオリジンコーヒー、カプチーノ、カフェラテ、エスプレッソなど)約20種類
  • ティー(オリジナルティー、ティーラテなど)約20種類
  • コーヒービーンが業界で初めて開発したフローズンドリンク「アイスブレンデッド®」約10種類
  • フード約30種類

その他、コーヒー豆、ティー等のテイクアウト商品も販売予定。

The Coffee Bean & Tea Leaf ® のコーヒーへのこだわり

コーヒービーン&ティーリーフのコーヒーは、契約農園から直接調達した、最高級アラビカ種100%のコーヒー豆を使用し、それぞれのコーヒー豆にあった焙煎を自社で行ないます。

高度1,800m以内の契約農園で収穫した、アラビカ種100%のコーヒー豆を使用

厳選されたコーヒー豆を、熟練の焙煎工がそれぞれのコーヒー豆の産地、特徴、飲み方に適した温度や時間等で焙煎。
焙煎はハンドロースティングで行なっており、その日の温度や湿度に応じて人間の目で調整。

シングルオリジンを中心としたバラエティ豊かなコーヒー豆を準備

The Coffee Bean & Tea Leaf ® のティーへのこだわり

コーヒービーン&ティーリーフのティーは、世界中の契約農家から厳選されたティーを自社で調達し、自社ブレンドしています。また、茶葉は上から2枚のみの“トップ2リーフ”を手摘みした茶葉を使用しています。

契約農家で収穫した、上から2枚のみの“トップ2リーフ”を手摘みの茶葉を使用

蒸し、自然乾燥など、すべて人の手による手間ひまをかけた製造工程を実施

オリジナルティーはフルリーフを使用

The Coffee Bean & Tea Leaf ® について

コーヒービーン&ティーリーフは、1963年に米国カリフォルニア州ロサンゼルスで創業、世界25ヵ国982店舗(2015年3月末現在)を展開する、ロサンゼルスを代表するスペシャルティコーヒーショップです。
創業者Herbert Hyman(ハーバート・ハイマン)は、コーヒーが缶で販売されていた1960年代、コスタリカ、コロンビア、ケニアから仕入れたコーヒー豆の販売を開始、その後店舗で焙煎したコーヒーをその場で飲みたいというお客様の要望にお応えするかたちでコーヒービーン&ティーリーフが生まれました。また、同氏は“スペシャルティコーヒー”を波及させることに尽力し、“アメリカのスペシャルティコーヒーの師匠”であると言われています。
(出典:2014年7月11日発行「Los Angeles Times」) 本国では、International Coffee & Tea, LLCが運営しています。

International Coffee & Tea, LLC 会社概要

  • 会社名:International Coffee & Tea, LLC(インターナショナル・コーヒー・アンド・ティー,エルエルシー)
  • 代表者:President & Chief Executive Office John Dawson(ジョン・ドーソン)
  • 本社所在地:1945 S La Cienega Blvd, Los Angeles, CA 90034, USA(米国カリフォルニア州ロサンゼルス)
  • 創立日:1963年9月
  • 業務内容:コーヒー豆、ティーの調達・調合・焙煎・販売、カフェの運営・フランチャイズ業
  • HP:http://www.coffeebean.com

L.A.Style 会社概要

  • 会社名:L.A.Style株式会社(エル・エー・スタイルカブシキガイシャ)
  • 代表者:代表取締役社長 佐瀬守男
  • 本社所在地:東京都中央区新富一丁目9番6号
  • 創立日:2014年6月
  • 資本金:2億9,500万円
  • 出資比率:株式会社ホットランド66%、イオンモール株式会社34%
  • 業務内容:日本国内でのカフェ・ショップ運営展開
  • HP:http://www.coffeebean.co.jp
  • Facebook:http://www.facebook.com/thecoffeebean.japan